すが雑談

菅波栄純。1979年10月16日生まれ。福島県出身。 結成20年を経て活動中のバンドTHE BACK HORN所属。 ギタリスト/作詞作曲者。お仕事のご依頼はこちら tbh_contact@speedstarmusic.co.jp 人生は結局喜劇だと思う。

ネタバレあり『彼女、お借りします』16巻の八重森さんの「女にも○○があるっス」発言に衝撃を受けたんだが集まれ

 

 

はじまりました。40才のラブコメ好きおっさんが推しを語ったりおっぱいのことを考えたりするシリーズです。

 

amzn.to

 

 

 

親父の部屋から見た景色

うちの親父は一見恐ろしく、何考えてるかわからないが面白いひとであった。

親父の部屋は我が実家の一番奥にあった。とはいえそれは、おれがいつも出入りしていた裏の玄関とその近くの子供部屋からの印象であって、お客さんなどが訪れる表の玄関からみれば、家に入ってすぐの右側にあった。クレイジーな親父の部屋をよくも客人をもてなす玄関脇に設置したな、と思うがそれは死んだじいちゃん(親父にすれば父ちゃん)の部屋を譲り受けたのであってしょうがないとも言えた。

我が実家というのは偉大なじいちゃんとばあちゃんが血ヘドを吐きながら昭和の時代に働いて建てた、歴史ある平屋建ての住居だ。いつだかの台風で吹っ飛んだが小さな門が元々はあり、中に足を踏み入れると年に一回植木屋さんを呼んで手入れをしていたきれいな庭があり、ばあちゃんが一人で住む家が土地内にあり、ばあちゃん家の玄関の正面に実家の表玄関が向かい合ってるというつくりであった。

そして表玄関の脇には親父の部屋の窓があり、親父はよくそこからばあちゃん家の方を眺めてタバコを吸っていた。親父はタバコが似合う。浅黒い肌にティアドロップ型の眼鏡、ふさふさとしてはいるが真っ白の髪。まるでハードボイルドな殺し屋のコスプレみたいだった。

おれはその日、そんな親父の姿を庭からヤクルトを飲みつつ観察していた。「ばあちゃん(親父にとっては母ちゃん)も年だし、おれも大黒柱としてしっかりしなきゃいけねぇな」とか、自由人である親父もさすがに考えるところがあるのだろう、大人は大変だ、などと思っていた。

親父はふいっと部屋の奥に引っ込んだ。そしてくわえタバコで再び現れた親父の手にあったのはスナイパーライフルだった。

親父は中腰の姿勢になると狙撃銃の先端を窓から外に突きだしたのだ。そしてスコープを覗き、照準を定め、発砲した。

もちろんエアーガンだが、当たったらめちゃくちゃ痛そうな速度でBB弾が放たれた。そしてその方向にはもちろんばあちゃん家があった。実の母親であるばあちゃん家の玄関脇の白壁をガンガンに撃ちまくる親父。表情からはなんの感情も読み取れない。ばあちゃんへの秘めたる恨みなどは無さそうだった。
時々白壁を這った草のツルを弾き飛ばしながら弾道が徐々に一定になっていく。そこでおれは気づいた。

ばあちゃん家の白壁の中央ぐらいに入ったひび割れ。そこを親父はライフルで狙っているのだ。
ついに一発命中するとひび割れが弾丸の分だけ欠けてBB弾がばあちゃん家の壁にめりこんだ。

そこでやめると思ったが親父はそのBB弾を目印に弾切れまで射撃を続けた。

途中で買い物から帰ってきたばあちゃんが庭に立ち止まり親父の行動を眺めていたが、何を言っても無駄という顔で、銃撃され続ける自分の家に入っていった。

そもそもおれはそのときまで親父がエアーガンを持っているのを知らなかったが、あまりにも親父の風貌にスナイパーライフルが似合っていたため「あの見た目なら持ってるよな」という謎の納得感さえあったかもしれない。

実の母親の家を眉一つ動かさず狙撃する親父は、やはりハードボイルドだな、とおれは思った。

 

youtu.be

 

 

ネタバレあり『彼女、お借りします』読んでるやつ集まれ お前らが好きなのは結局墨ちゃんなんだろ おれは八重森さんを推す

 


 

 

はじまりました。40才のラブコメ好きおっさんが推しを語ったりおっぱいのことを考えたりするシリーズです。

 

amzn.to

 

 

 

 

 

おじさんがポンコツだと病気を心配される

 

 

ポンコツがかわいいのは若いうちだけだ。。。

 

ポンコツ」とはうまく表現したもんで「ドジっ子」よりもさらに語感がかわいい。
ポンコツという言葉はドジだけじゃなくて「勉強ができない」とか「箸の持ち方が独特」みたいなのも全般的に武器にできる。あとはギャップを用意するだけだ。この勝ち方でいけるひとは絶対いったほうがいい。

しかしだ。ポンコツなのが40才のおっさんならば気をつけろ。40才のポンコツなおっさんは病気を心配されるだけだ。

手元がおぼつかなくて紅茶をこぼしてしまうのが素敵な若いポンコツメイドさんなら「どんどんやってくれ!」「こっちにもかけて!」てな具合だが、40才のおっさんの場合「病気かな」で終わる。
ご飯を食べて感想を言う場面ですっとんきょうなコメントをするのが素敵な若いイケメンなら「かわいい!」「食べちゃいたい!」てな具合だが、40才のおっさんの場合「病気かな」で終わる。「心配。。。」っていうムードが漂うんだ。年下のスタッフがケータイをいじりだしたら近所の病院を調べてるから気をつけろ。

しかしだ。40才なんていう半端な年齢だとあれだが、がんばって80才までいくと一周して若い子にモテだすぞ。その年までいけば全部がまた武器になる。だからさ、なんとか生き延びようぜ!

 

最後に、ちょっとだけ希望を残して終わります、ありがとうございました!

 

f:id:Eijun:20200925132328j:plain



 

おじさんは、「可愛い」じゃなくて「可愛らしい」って表現するのをおすすめしたい


 

 

おじさんは、「可愛い」じゃなくて「可愛らしい」って表現するのをおすすめしたい。

 

おれは今40才だが、40才のおじさんには「可愛い」っていう言葉が似合わなくなってきてる。
おじさんが「可愛い」っていうと悲しいかな、「にちゃあ・・・」っていう空気感が出てる気がする。
40才のおじさんが女性に「可愛いね」って言ったら即セクハラで訴えられるんだろうな、っていう緊張感を持って生きている今日この頃なわけだ。

 

なのでおじさんは、せめて可愛いじゃなくて「可愛らしい」って表現するのをおすすめしたい。
ほとんど変わらないが心なしか清潔感と上質感があるだろう。おれたちおじさんだって「可愛い」と感じる心はある。そしてそれを伝えたい時だってある。ちょっとの工夫で印象は違うはずだ、あとは任せたぞ。

 

余談になるが、ある日うちの事務所で働いてる女性がいつもと違う帽子をかぶってきていて、その帽子がめっちゃ可愛くて尚且つその女性にとても似合っていたので、衝動的に「可愛いね」と言ってしまった。やべえと思ってすぐ「可愛いって言っちゃったんですけどこれってセクハラだと思いますか」って尋ねた。
そしたらその女性が「いやいや、それは信頼関係の問題で。信頼してる相手に可愛いって言われたらそれは嬉しいですよ」って笑顔で言ってくれたのだった。

 

生きてりゃそういうこともあるんだ、あるんだぜ!

 

最後に、ちょっとだけ希望を残して終わります、ありがとうございました!

 

f:id:Eijun:20200913172133p:plain

 

 

 

 

にやける癖

小学生のころ。先生に叱られるとき、自分には「にやける」癖があった。

この「にやける」っていうのはイラッとくる行為ベスト1位であろう。ヒップホップのフリースタイルバトルでも、相手が真剣にラップしてる時わざとニヤニヤする、みたいな技があるぐらい逆撫で力の強い技である。

「菅波、なにをニヤニヤしてるんだ!」と先生の怒りに油を注いでしまう。問題は自分には先生を挑発してる自覚がないことだ。むしろ真剣に聞いてるつもりなのでびっくりする。じゃあなぜニヤニヤしてるのか。同じようなひとがいるのかわからないが、「くすぐったい」のだ。なにが。おもに首のまわりがムズムズとくすぐったくなる、先生に叱られると。一定のストレスがかかるとくすぐったくなる体質だったのか、精神的なものかわからないがある条件においてムズムズしてくる。

子供の頃自分は日々「くすぐったさ」と戦っていた。面白いわけではなくともニヤニヤしてしまう。葬式などもくすぐったかったし、親の喧嘩もくすぐったかった。怒り、悲しみに対してだけで無くお笑いなどを見て面白い!と感じたときもくすぐったくなる。面白くて笑ってるところにくすぐったさも足されるので面白さが倍増する。

大人になったらそういう謎のくすぐったさは無くなったが、大人になったのに叱られることは無くならなかった。今もありがたいお叱りをいただきましてほとんどは反省し、次こそは、と背筋を正しますが、時々ただの八つ当たりですね?みたいなのをいただく場合だけ、菅波はニヤニヤしてると思います。きっと腹立つでしょう。くすぐったいわけじゃありません。反省してないからです。これからもよろしくお願いいたします。